うつ病で主治医に診断書を拒否された



うつ病の方が「傷病手当金」の相談で主治医に傷病手当金を受給するにあたって診断書を書いてもらいたいと相談をした際に「診断書」は書きませんと拒否されてしまった場合があるかもしれませんね。


そしてあなたは、診察さえ受けるのも億劫になってしまっていませんか?


とても残念なことなのですが、このような医師の「診断書は書きません」ということは時々あります。


そのような態度をとられてしまい、あなたは気持ちが落ち込むこともおありかもしれません。

医師がうつ病のことをあまり理解出来ていない場合も多々あるのが現状です。


もしも、そのような場合にはセカンドオピニオンとして別の医師の診断を受けてみられたら良いと思います。


そして、あなたが今までかかっていた時のお薬手帳を持っているなら紹介状無しでも病気の症状は理解してもらえるかと思います。


あなたの気持ちが苦しいのであれば、何をするにしても大変でしょう。


決して無理はなさらず気をつけて、セカンドオピニオンとして別の医師の診断を受けるとしたら、家族の方や親しい人にご一緒に受診されると気持ちが楽になると思います。


どうぞ焦らずに・・・。

FX取引時間
最近の記事
うつ病で主治医に診断書を拒否された
傷病手当金を受給する条件を理解する(NO・2)
傷病手当金を受給する条件を理解する
傷病手当金支給申請書(必要書類)
傷病手当金の支給を受けるための方法・マニュアルの存在
カテゴリ
.「傷病手当金マニュアル」とは(7)
.うつ病に罹った時に・・(7)
・ 傷病手当金 受給資格(5)
・傷病手当金 退職前に(5)
・傷病手当金 健康保険(2)
・傷病手当金 退職後 手続き(3)
・傷病手当金 申請書 書き方(0)
.傷病手当金 支給(0)
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。